風邪薬に御用心。血圧がはね上がった

風邪薬に御用心。血圧がはね上がった – 地上8階の夏休み.
2週間ほど前からノドに痛みを覚えて、こりゃまずいなぁ、と思っていたら本格的な風邪になってしまった。

幸い熱はなく、インフルエンザや流行していたノロウイルス、胃腸炎のたぐいでもなかったのでよかったのだが、ノドの痛みとタンが絡むのがひどくて、市販の風邪薬を飲んだ。

その翌日か、翌々日か、朝寝ぼけながらいつものように血圧を測っていたら、156なんて数値を表示していて、一発で目が覚めた。

深呼吸をして測りなおして、やっと140ちょっと。ほぼ安定して120-70ぐらいなので、少しビビった。

しかも、その翌日も、また翌日も同じような数値が続くにつれ、不安は大きくなっていく。心臓か、大動脈か、そのあたりに何かあるのだろうか?

最初は急に寒くなった時期でもあり、その寒さと風邪が影響してるのだろうとおもっていたけど、どうもおかしい。

近所の内科医にかかるのには1週間ほど早かったが、仕事休みの土曜日に行ってみることにした。

すると内科医も数値が高いことを心配して、「塩分の摂り過ぎはないか」とか、「大きなストレスがかかることはないか」「きちんと睡眠はとれているか」など、あれこれ聞いてきたが、なかなか思い当たるフシがない。

質問の中に「鎮痛剤を飲んでいないか?」というものもあったが、「ない」と答える。

ところが、「一度心臓の主治医に相談したほうがいい」とアドバイスされ、ちょっと落ち込みながら帰宅してからはたと気づいた。

俺、風邪薬飲んでたよね? うん、飲んでた。風邪薬の箱を見てみると、ノドの痛みを取るための鎮痛薬が入っているのがわかった。

ひょっとしてこれ? しかも、10年も前に当時通っていた病院で「風をひいても風邪薬はのまないでね」と言われたのをすっかり忘れてた。あまり風をひかないのが災いしたか。

とにかく怪しいものはつぶしてみよう、ということでその日から風邪薬を飲むのをやめてみた。

すると、なんと翌日からスルスルと血圧が下がり、130台、120台、110台と1週間もかからぬうちに元に戻ってくれた。

まだ確定ではないけど、9割方風邪薬のせいではないだろうか。次回、主治医のところに行った時、聞いてみよう。

それにしても、確かにたくさんの薬を、これでもかってぐらい毎日飲んでいるのだから、市販の薬とぶつかってもおかしくはないよな。

反省。気をつけなくては。

スポンサーリンク