忍び寄る痛み-五十肩右肩編-

忍び寄る痛み-五十肩右肩編- 地上8階の夏休み.

五十肩が右肩にもやってきた

前々から少しずつ痛みを感じていた右肩から、ついに「本格的な五十肩となりましたー」というお知らせ。悲しすぎる……。

万歳をすると、高く上がるのは右手なのだが、痛みは右肩の方が強くなってしまった。

それでも左肩の最盛期から比べると、まだ7割くらいの痛みなので、これから本格的になるのか、収束してくれるのか、ビクビクしながら過ごしている。

これで困るのは、以前も言った洋服の着替え。これがとにかく痛い。とくに今はズボンの中にシャツを入れる作業が恐怖。前側は当然入れられるのだが、横と後ろに手が回らない。イテテテテテ、となりながら必死に押し込んでいる。

さらに困るのはギターを弾くと、弾けないことはないのだが、かなり痛い。そして長い時間弾けないのだ。五十肩は余暇まで奪ってしまうのか?

ちなみに右肩が痛みもなくこの世の春を謳歌していた頃は、左肩が痛くてもなんとかなっていた。

ところが、ついに来てしまった右肩への痛み。mojoが五十肩になった時、どなたか「自分の場合は1年ごとに左右交代で痛みがきたよ」と教えてくれたが、まさか左肩が治っていない状態で右肩までやられるとは。

もはや万歳もできず、まともに洋服も着られず、日々醜態をさらしている。この人生に光は見えるのか?

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク