最近気になった医療系ニュース 2017年3月5日版

最近気になった医療系ニュース 2017年3月5日版 – 地上8階の夏休み.医療ニュースの画像

なんとか指の傷も快方に向かい、久しぶりのスタジオで大きな音を出してギターを弾くことができた。やっぱり好きなことをするのは気持ちがいい。指のケガもあって万全ではなかったけど、3年ぶりに気になっていたトゲが抜けた感じ。

この調子で他の気になっているトゲも抜けてくれるといいなと思いつつ、今週も気になったニュースをいくつか。


これはそのまま受け取ってもよいのか。ちょっと疑問の残る記事。



来年から救済措置をとるところが出てくるらしい。自己コントロールではどうしようもないことに対しては、救済も必要だと思う。



ヤマト、いろんなことに手を出すね。まあ、しかし紙カルテの保管で困っている病院が多いのも事実だろう。



実験では6割に効果が出たらしいので、期待したいね。mojo自身はアトピーではないけれど、肌が弱いので痒みがものすごく辛いものだってことは、よく知っている。



確かに町でも家でもあれだけ目を酷使していたら、こういう現象も出てくるだろうなぁ。



ニュースの内容にも興味があるんだけど、あのIIJが? と思う人も多いのでは? 昔はけっこう評判のいいプロバイダ(あのIIJだよね? 間違ってたら教えて!)で、mojoもアカウントを持っていた。それが医療分野に進出するんだと思うと、なんだか妙な感じがするのと、生き残るためにはいろんな道を探らないといけないんだな、という時の流れを感じる。



残念だけど、こういうことはあるだろうなと思う。



どうしてこんなことが、と思ってしまうけど、薬と耐性の関係って複雑なんだな。



3Dプリンターの可能性って、予想を大きく超えているような気がする。



乾燥物とウイルスって、なんとなく相性が悪いような気がしてしまう素人なんだけど、ぜんぜん関係ないんだな。



もし、吸える状態であれば、吸わせてもいいかなと思う。でも、他の患者や訪問者に匂いすら感じさせない配慮が必要かな。

スポンサーリンク