最近気になった医療系ニュース 2017年3月13日版

最近気になった医療系ニュース 2017年3月13日版 – 地上8階の夏休み.医療ニュースの画像
春が近いようで、なかなか季節が進まないこのごろ。こういうときは、一気に暖かくなるんだろうな。

緩急のある季節の移り変わりについていけるのか、ちょっと不安だけど、それでも暖かくなるのはうれしい。


まあでも、ピロリ菌がけっこうな確率で関与しているのは間違いないってこと?

逆にこんな記事も。

胃がん予防で「将来への贈り物」…ピロリ菌の自治体検診、中高生にも拡大




夢のようでもあり、ちょっと怖くもあり。移植と同じで複雑な気持ち。



誰かが体調が悪いって言ったのを受けて、引きずられるように他の子も悪くなっていくってこともあるだろうけど、原因はわかったのかな。



子供の場合はお見舞いも喜ぶだろうけど、大人は後のことを考えてしまうよね。意外と面倒なんだ、見舞いのお返し。



話しかけたのが、看護師じゃなくてソーシャルワーカーだったら、結果が違ったかも。



3年以内に尿でガンが発見できそうだと書いてあるな。すべてのガンではないだろうが、手軽に検査が受けられれば、病院嫌いの人も検診を受けるかも。



前回の入院でも、医療機器は進化したなあと感じた。本当に恩恵をうけていると思う。



これに関しては「そんな時間ない」とか、「専門的な知識が必要」とか、いろいろ反発があるみたいだなあ。といっても、どうにかしなければならないわけで。



一方で入りたくても入れない人がいて、一方で入れたくても入れられない施設がある。自分の家族の番になったら、みんなどうする?



本当に日本で助かった。mojoのように何度も入院したり、手術したりすると、痛切に思う。

スポンサーリンク